「HEMS」に求められる“災害対策”という新たな役割

以前、スマラボでご紹介したこともある「HEMS」ですが、皆さん覚えていますか?「Home Management System(ホーム・マネジメント・システム)」=家庭用エネルギー管理システムのことです。

HEMSの主な役割は、太陽光発電システムと省エネ家電をつなぎ合わせ、電力消費量を “見える化” すること。いわばHEMSは、スマートハウスの司令塔とも言うべき存在でした。

電力消費量を “見える化” し、節電・節約に一役買うHEMSですが、最近、一部の企業が技術開発を行うことで、新たな役割を持つ存在として注目を集めています。その役割とは、“災害対策”です。

例えば、HEMSに加えて、太陽光発電システムと蓄電池を導入していたとします。これまで、従来の一般的なHEMSを導入していた場合、停電が起こると電力が途絶えて、家庭内の電気製品が使えなくなっていました。

それが進化したHEMSでは、制御分電盤とBluetoothで接続することによって、制御用分電盤が「電力会社、分電盤から家庭に電力が共有されていない」という情報を感知し、その情報が自動でHEMSに転送される仕組みになっています。

予め制御分電盤に冷蔵庫や照明などの家電を繋いでおくことで、家庭の太陽光発電システムで発電した電力を利用する「非常時自立運転モード」に切り替わり、その電力を直接利用できるようになるのです。

また、蓄電池はないが、HEMSと太陽光発電システムを導入しているという場合でも、太陽光発電が行われている時間帯は太陽光発電で発電した電力を予め配線した電気製品で利用することができます。

東日本大震災をきっかけに、家庭で利用するエネルギーを抑えつつも、安定して利用できる環境を整備したい意向が高まっています。

今後HEMSは、室内の空気環境や天気、気温、湿度、風速、日射量などを基に、その日の太陽電池による発電量や家庭内の電力消費量を予測するなどの、さらなる高性能化が求められています。

それらが実現すれば、機器の運転をコントロールし、さらに効率的なエネルギー利用も可能になるかもしれません。

関連記事