節約に欠かせない蓄電システム、気になるその「導入コスト」は?

これまでもスマラボでは、スマートハウス作りにおいて重要な役割を果たす「蓄電池」についてご紹介してきました。しかし、一般家庭にも普及するまでにはいくつか課題があります。その主な課題が、コストです。

コストについてご紹介するために、まずは蓄電池の種類についてご説明します。

住宅用に使われる蓄電池の種類は、「鉛蓄電池」「リチウムイオン蓄電池」の2種類に大別されます。鉛蓄電池は、前回説明したように汎用性が高く安価な代わりに、重量当たりのエネルギー密度が小さいために、電気容量を高めるには機器を大型化しなければなりません。

一方、リチウムイオンのほうは、エネルギー密度が高くて小型化できるものの、コストの高さがネック。技術革新や量産化によるコストダウンは徐々に進んでいますが、住宅設備や複数の家電製品の消費電力をカバーできる数kWh以上の蓄電池を導入するには、数百万円単位の導入費がかかってしまうのが現状です。

下の図は、家庭用蓄電システムの仕組みの例です(メーカーによってシステム構成は違います。イメージをつかむ程度に考えてください)。なかには、系統電力、いわゆる家庭用電源からの充電だけで太陽光発電システムとつなぐことができないタイプ、逆に太陽光発電の充電のみで系統電力との連携ができないタイプもあります。特にリフォームで後付する場合は注意が必要です。

家庭用蓄電システムのイメージ

家庭用蓄電システムのイメージ

太陽光発電システムや系統電力との連携ができるか、停電時に自立運転に自動切り替えできるシステムかどうか、分電盤と接続して家庭内の設備機器や省エネ家電に利用できるか、などがチェックポイントです。

この蓄電システム単独の導入コストは、ごく大雑把にいって200万円前後が現在の目安です。太陽光発電と蓄電池・HEMSなどのコントローラーをセットにして、住宅の新築時に併せて整備するパックシステムとしては、トータルで400~500万円程度が多いようです。

太陽光発電に対する補助金は以前から出ていますが、蓄電池やHEMSに対しても補助金制度が整備され始めています。今後、各種の補助金や、蓄電池と他のシステムを組み合わせた場合にどう変わるか、などの情報に注意しておいたほうがいいでしょう。

環境共創イニシアチブ 平成23年度定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金

関連記事