マンション全体でエネルギー管理・節電に取り組む「スマートマンション」とは?

一戸建てを中心に増えているスマートハウスですが、最近ではマンションでも、同じような考え方を採り入れた物件が登場しています。経済産業省が推進する、通称「スマートハウス」です。

経産省の定義によりますと、スマートマンションとは「マンション全体でエネルギー管理、節電およびピークカットを行い、エネルギーの効率的な使用や無理のない節電を実現するマンション」のこと。マンションエネルギーマネジメントシステム=「MEMS」を導入して、アグリゲータと呼ばれる事業者が、エネルギー管理サービスを行います。

エネルギーの管理に必要な「MEMS」って?

以前スマラボでは、「HEMS」という言葉をご紹介しました。ホームエネルギーマネジメントシステム(Home Management System)の略で、各種機器に取り付けた測定器でエネルギー使用量を計測・見える化し、電気の使用状況を把握するためのものでした。

(参考)節電・節約の決め手:電力消費量を“見える化”する「HEMS」システムとは?

今回新しく登場した「MEMS」は、頭文字のM=マンション向けのHEMSと言い換えられます。マンションの各部屋にある家電や制御端末(HEMS)、また共有部の空調、照明、太陽光パネル、蓄電池、EV充電器などに測定器が取り付けられ、電気の利用状況を把握したり、電力需要のピークを抑制・制御したりします。

スマートマンションのイメージ(経済産業省ウェブサイトより)

スマートマンションのイメージ(経済産業省ウェブサイトより)

測定器を通じて得られた電力の利用状況に関するデータをもとに、アグリゲータと呼ばれる事業者(ベンチャー、機器メーカー、通信事業者など)は各家庭に省エネのアドバイスを行うだけでなく、そこに住んでいるひとの見守り・セキュリティーサービスとして異常を検知して警備保障会社に通報するなど、節電はもちろん、より高度な意味で「スマート」なマンションの実現を助けてくれる存在です。

アグリゲータのイメージ(経済産業省ウェブサイトより)

アグリゲータのイメージ(経済産業省ウェブサイトより)

約10%の節電節約も?スマートマンションの先端事例

このMEMSは、HEMSと同じく、太陽光発電や蓄電池などを組み合わせることで、一層の節電効果、更には停電等の非常時におけるエネルギーセキュリティの強化を図ることができます。さらに、一括受電設備との組み合わせにより、経済効果の向上を図ることもできます。スマートマンションは、所有者や管理者だけでなく、そこで暮らす居住者にとっても嬉しいシステムですね。

東京メトロ有楽町線・副都心線「千川」駅徒歩3分、伊藤忠都市開発の新築分譲マンション「クレヴィア千川」は、そんなスマートマンションの1つです。共用部には、照明や空調、EV用充電器などに使用され、余剰分は売電される太陽光パネル、蓄電池、電力需要のピークシフトに貢献するEV用充電器を設置。

専有部には、東京ガスと協力し各家庭に無償で提供されるiPadを利用したHEMSを導入。電気、ガス、お湯の消費量をiPadと専用ウェブサイトで表示し、その日の時間ごとのエネルギー消費量、過去の一日、一月ごとのエネルギー消費量を表示できます。

また、その日の現時点でのエネルギー消費量を視覚的にわかりやすく常時表示する「エネルギー表示機」を各住戸内に設置。自宅のエネルギー消費量と家族人数が同じ世帯の平均値の比較や、各住戸のエネルギー使用傾向を分析し、iPadと専用ウェブサイトで各住戸に、エネルギー消費量とそれに基づいた省エネアドバイスを週一回程度、発信。ちなみにこの「クレヴィア千川」、すでに部屋は完売したそうです

iPadの専用画面と「エネルギー表示器」のイメージ図

iPadの専用画面と「エネルギー表示器」のイメージ図

現在モデルルームをオープンしている静岡県三島にある「エンブルスクエア三島」もスマートマンション。一般的なマンションと比較して、電力会社からの一括受電で約5%、各家庭のHEMS利用でさらに3~10%もの電力削減効果が期待でき、電力コスト削減につながるとしています。

これからさらにアグリゲータなどの事業者による販売も強化される見通しで、スマートマンションはますます増えていきそうです。

関連記事