スマートハウスとは、建物自体の断熱性や気密性が高く、熱を逃がさないことでエネルギーを無駄にしない構造になっている住まいのことです。そこに、省エネ性能の高いエアコン、家電機器、照明器具、高効率給湯器などの住宅設備機器が設置されることで、エネルギーの使用量を抑えることができます。
 
 さらに、太陽光発電装置、燃料電池などの「創エネ」が加わることによって、CO2排出量を減らしながら、より快適な暮らしができるようになります。中には「光熱費ゼロ」を実現している住まいもあります。